TC鍼灸マッサージ院

当院について ABOUT US

当院の特徴

CONCEPT1 自律神経を整えることで自己免疫力を向上させ、根本治療を目指す

当院では自律神経の調整を得意としています。簡単に表現をすると「内臓治療」です。自律神経には経絡治療というものが非常に有効ですが、院長は全国TopClassの経絡治療室で学び、その後も自己研鑽を続けて技術を身につけています。

自律神経を整えることで、自己免疫力を向上させることが出来ます。健康における理想は、自己免疫力で身体の健康を維持し、改善させることです。自己免疫力が向上することで、全身の血液の流れが良くなり脳が正常に働きます。これにより病気や怪我を改善させ、身体を正常に維持する力が強くなるのです。

当院が自律神経の調整を大切にする理由は、根本治療が重要だと考えているからです。中途半端な治療を行うことで疾患がクセになり、通院が長引くことは避けたいところ。治療を続けるのであれば、体の悪いところが少なく生活の質が高い状態を維持したいところです。

例えば長期的な肩こりは、肩だけに手を加えても根本的な治療になりません。一時的に良くなる可能性はありますが、また直ぐに症状が戻ってしまいます。根本的に治療するためには、凝りの原因である血流の改善や内臓の調子を整えることが重要です。また、肩こりというのは肩以外の負担も多くあります。腰に負担がかかることで筋膜の繋がりから肩こりになっている場合には、肩だけでなく腰も同時に治す必要があります。

がん予防という観点では、内臓の血流が良くなることで免疫細胞が正常に働き、がんを発症するリスクを最小限に抑えられます。インフルエンザや新型コロナウィルスなどの感染症予防も同様です。日頃から身体のケアをして免疫力を向上させていくことで、感染症に掛かるリスクを下げることができます。そのためには、自律神経を整えることが大切です。

いつまでも健康で若々しくいられるために、定期的に自律神経を調整することをおすすめします。

CONCEPT2 急性期の炎症をいち早く抑え、癖にならないように根本治療を行う

当院では、ギックリ腰や寝違え・捻挫・肉離れなどの急性期の症状にも対応し、最短の改善と根本治療をご提供いたします。東京TopClassのマッサージ院で接骨院業務も多く経験し、現在でも経絡治療と急性期の処置を組み合わせた研究を続けています。

急性期の治療を最短で改善させるためには、怪我や病気が発症してから出来るだけ早く来院してください。なぜなら、発症直後は内出血や熱を持った炎症を起こしていることが多く、この処置を早くやればやるほど早く改善するからです。痛みを我慢し治療が遅れると、それだけ治療期間と治療回数が多く長くなってしまいます。

特にギックリ腰や捻挫はしっかり治さないと癖になります。癖になる場合のほとんどは、根本治療をせずに途中で治療を止めてしまっていることが原因です。早めに炎症を処置し、血流が悪くなって硬くなった筋肉や腱を柔らかくすることで、再発するリスクを最小限に抑えることができます。

最短で症状を改善させるためには、発症当初は治療頻度を上げて通院回数を多くします。改善していくにつれて徐々に通院回数を減らし、通院間隔をあけていくことが理想です。

例えばギックリ腰になってしまった場合、まず最初に炎症を抑える処置をします。炎症の処置には最初の治療頻度が大事になりますので、当院でご用意している低価格の【時短コース】をご利用ください。炎症が抑えられたら固くなった筋肉や腱をほぐすために、投機的な治療が必要になります。そのため【基本コース】をご利用いただくことで、間隔をあけながら根本的に治していくと良いです。急性期の処置を間違えると、数年・数十年にわたり痛みや違和感と付き合わなければならなくなります。早期に応急処置を行い、症状を緩和させ、その後はゆっくりと継続的に治療していくことで根本的な治療を行っていきましょう。

CONCEPT3 脳梗塞リハビリセンターでの経験を活かし、難病を高度治療で改善する

当院では脳血管障害の後遺症や難病に対する治療も行っています。詳しくは「鍼灸適応疾患」をお読みください。脳梗塞を中心とする難治に対し、全国最大級の「脳梗塞リハビリセンター」で勤務・新入社員へ研修指導をしていた経験があります。

脳血管障害の後遺症や難病に対する治療は、自律神経を中心とする高度な治療が必要です。脳血管障害の後遺症や難病の症状は、内臓の働きから脳の指令が悪くなりホルモンが正しく分泌されないことで、改善が遅くなることも原因の一つです。

そして、改善を目指す為には一回一回高度な診断や治療と、リハビリを並行して行うことが重要です。

脳血管障害の後遺症は、麻痺や失語、高次脳障害などがあります。筋肉の緊張や冷え、痛みやしびれなどを治療しながら、頻尿や睡眠不足、下痢や便秘などの内臓の治療も並行して行うことで改善が望めます。

自分自身で気づいていない症状も入れれば相当数存在するのですが、これに対して1回1回最善の治療構成を組み立て、高度な治療をしなければなりません。また、最も怖い点は再発してしまうことです。再発をするごとに身体は更に格段と悪くなっていきます。 これには自律神経を整えて内臓や血管の働きを正常にすることで、再発のリスクを下げる必要があります。

難病の多くは免疫のバランスが崩れ、自分の免疫が自分を犯してしまう病気です。意識がある症状や無意識な症状から自律神経が乱れ、内臓の調子が崩れることで体内の連絡の役割を果たすホルモンの分泌が乱れてしまうことで発症します。そこから本来正常に働いているものが働かなくなってしまったり、働き過ぎてしまったりしてしまうのです。

このように、自律神経に関わりが深いのが脳血管障害や難病です。西洋医学ではこの自律神経を改善させる薬がないため、難病としているものも多くあります。東洋医学である鍼灸治療では、定期的に治療することで自律神経を整えることができるのです。少しずつ改善するものなので、ご本人様もご家族様も焦らずに症状と向き合うことが大切です。

page top