TC鍼灸マッサージ院

治療内容 TREATMENT

急性疾患

急性疾患とは、ぎっくり腰や寝違えなどの急に発症するものを指します。

急性疾患への治療の特徴としては、初期の段階で沢山通うことです。初期の段階では、炎症や内出血を高頻度で最小限に抑えることが、その後の改善度に繋がるからです。

忙しい方や金銭面を気にされる方は、短い時間のコースである「時短コース」を選択してでも、炎症を抑える初期の時期は治療頻度を上げることをお勧め致します。

治療の流れ

1.炎症反応への応急処置

発症すると炎症反応である熱や内出血などが起こります。この炎症反応が長ければ長いほど治りが遅くなるため、発症した時点で応急処置を行います。

2.血流の改善

炎症が起きたところは細胞の働きが悪くなります。細胞の働きは、血流が再び良くなることで正常に戻ります。

※ここで治療を中途半端に止めてしまうと、癖になりますので気をつけましょう。

3.再発の予防と健康維持

再発の予防までしなければ癖になります。生活習慣や姿勢の癖は中々変えられないからです。身体を正常に戻すことが再発のリスクを最小限にします。日頃から気をつける生活指導もさせていただきます。

通院方法の例

例1)ぎっくり腰

1.炎症反応である熱や内出血が治まるまで【時短コース】で毎日通う。

2.炎症で硬くなった腰の筋肉に対する治療と元々腰に負担を掛けていた足の疲れや背中の張りを緩和させるため【基本コース】または【特別コース】で週1.2回通う。

3.畑仕事で中腰になる姿勢が多いため、日頃の負担を月1.2回でケアをする。

日頃のケアで再発するリスクを最小限にし、疲れを蓄積しないことで家事が痛み無く効率よく出来る

例2)急性胃炎

内臓疾患の場合は最初から【基本コース】または【特別コース】をお勧め致します

1.胃粘膜の炎症と胃液の分泌を下げるために週に2.3回通う

2.胃の働きを正常に戻すために週1.2回通う

3.ストレスが加わる環境は変わらない為、自律神経を乱さないように月1.2回通い再発の防止をする。

急性疾患のコース選び

通い方としては、最初【時短コース】で来院していただき、炎症が治まった段階で【基本コース】または【特別コース】をお選び下さい。最初に【時短コース】を選ぶ理由は、炎症を早く抑えるために回数を多くする必要がある為です。炎症が長引けば長引くほど治りが遅くなります。ですので、炎症を早く抑えるために「回数」が必要になります。

  

また、内臓の急性疾患の場合は治療内容が濃くなるため、最初から【基本コース】または【特別コース】をお選び下さい。

 

料金

詳細は料金ページをご覧ください。※コロナの影響で開院を延長しております。

page top