TC鍼灸マッサージ院

治療内容 TREATMENT

難病、脳血管障害の後遺症

難病や脳血管障害の後遺症などの重い病気は、通常の治療方法では改善が難しいため、症状に合ったアプローチを慎重に組み立てていく必要があります。

 

時間をかけてゆっくりと自己免疫力を向上させていくことで、ホルモンの分泌を正常に戻します。そうすることで自己治癒力を上げ、睡眠中の運動記憶の学習などを促し、日頃の運動・感覚刺激を脳に入りやすくします。そして再発防止を行い、他の病気になるリスクを最小限に抑えることが重要です。

  

難病や脳血管障害後遺症の方は、ガンなどの大きな病気になるリスクが高くなることも把握しながら改善していかなくてはいけません。

難病、脳血管障害後遺症に対する6つの治療方針

1.自己免疫力を正常に働かせる

自己免疫疾患は、自己免疫が自分の身体を犯してしまう病気です。自己免疫の働きが上がり過ぎていたり、落ちていることを正常に戻す必要があります。

脳血管障害の後遺症は、自己免疫力を向上維持し、体調不良で運動量が落ちることのないようにすることが大切です。

2.内臓の働きを改善し、ホルモンの分泌を正常に戻す

ホルモンとは、脳や内臓のスイッチになります。このスイッチが正常に切り替わることで身体が正常に働きます。

3.難病や脳血管障害に対して再発防止をする

例えば、脳梗塞を発症された方の再発のリスクは非常に高いです。2度、3度と再発してしまうと今まで以上に人体の状態が悪くなります。再発するリスクを最小限にするために体質改善する必要があります。

4.他の病気にかかるリスクを最小限にする

抱えている疾患以外の病気にかかるリスクも高くなります。他の臓器を悪くしてしまうことや癌にかかるリスクが非常に高くなります。他の病気にかかるリスクを最小限にすることも大切です。

5.正しい身体の使い方を認識し、運動療法を入れて再学習する

運動障害がある疾患は、運動療法を治療時間に入れていきます。なぜなら、使えていない筋肉が落ちるスピードは早く、予防する必要があるからです。また、お腹の深い筋肉が使えなくなることが運動障害の根本的な原因であることも多いため、意識的に使うアプローチも大切です。

6.現在の状態を維持する

例えばパーキンソン病は、徐々に状態が悪くなる進行性の病気です。このような病気は、悪くなるスピードを抑える治療が必要となります。

これらの事を毎回緻密に診断しながら治療構成を立てていきます。それぞれどの位の比重でどこにポイントを絞るか、そんな治療の積み重ねで少しずつ身体が改善していきます。

ご家族様の不安も大きいかと思います。当院では、ご家族様の不安を少しでも軽減するために、希望の方には傍で治療を見られるスペースを設けています。ご家族様も治療内容や不安なことがありましたらご遠慮なくお聞き下さい。

難病、脳血管障害の後遺症のコース選び

難病や脳血管障害の後遺症の治療は、【基本コース】か【特別コース】の長く通える方をお選び下さい。難病や脳血管障害の後遺症の改善は少しずつしていくもので、長期的な治療が必要となるからです。

コースを迷われている方は、先ず【特別コース】をお勧め致します。難病や脳血管障害の後遺症は、様々な治療方針を同時にする必要があり、密に治療内容を組み立てる必要があります。

 

料金

詳細は料金ページをご覧ください。※コロナの影響で開院を延長しております。

page top